EMIRPs Today(2018-12-28)#1133-1151 2018年12月配信分

EMIRPs Today(2018-12-28)#1133-1151 2018年12月配信分

2018年も、EMIRPs Todayに毎朝おつき合いをいただき、
誠にありがとうございます。

年初に、前年から再開した自転車の走る目安を立てました。
東京を起点にした放射状に日帰り行けるところまで順番に回るぞ。

日光街道の「宇都宮」を皮切りに、水戸街道で「水戸」、千葉から
成田街道経由で「銚子」、ここまでで北方面。
東京湾は、東海岸は千葉、富津経由で「館山」まで、西海岸は、
横浜、横須賀を経由して「観音崎」まで、これで南半分。
西方面は、甲州街道を高尾山口から大垂水峠を抜けて「相模湖」に届き、
帰りは橋本方面から抜けて戻ってきた。
高崎あたりに行けば、中山道も加わったのですがこれはお預け。

積算してみると、都合3,000キロ弱を走ったようです。
本格的に、ヒルクライムやブルベ、エンデューロなどの大会に参戦し
ている本格的なアスリートに比べれば、まったく足元にも及びません。

それでも、再開した2017年春には、ふうふう、ぜいぜいと罰ゲームだと
感じた坂道も、走る距離が伸びるにつれて楽に上れるようになりました。
人の身体の順応力に、他人事のように関心ばかり。

さて、来年はどんな目安をたてようか。

良いお年をお迎えくださいませ。

さ。

20181203 1133 日本発の文明文化が魅せる
20181204 1134 暗記もスマホで
20181205 1135 国際ボランティア・デー
20181206 1136 家族
20181207 1137 Takanawa, which one ?

20181210 1138 ギンナン、臭いが旨い
20181211 1139 いちごの名が並ぶ
20181212 1140 今年の漢字はどこから
20181213 1141 ひとつに決めた
20181214 1142 光の重なりと閃き

20181217 1143 荒川で桜が揺れる
20181218 1144 愛着と修理の経済学
20181219 1145 人は10倍、車は8倍
20181220 1146 料理屋の環境適応
20181221 1147 年越し終夜運転

20181225 1148 平成を表す
20181226 1149 ケーキが育む感性
20181227 1150 髪切りやの舵切り
20181228 1151 小売の多言語化

■エマープの理念■
よろこびをつなぐ。

http://www.emirps.com/

—EMIRPs Todayについて
齋藤がエマープ社内で毎朝配信しているマーケティング・コラムです。
社外の方から読みたいとの連絡をいただくことがあり、実験的に流しています。
齋藤が個人的に思うことを書き下ろす、テーマを定めていない随想です。
ティーブレークにでもご笑覧いただけると幸いです。
ほぼ、朝刊ですが、たまに抜けたり、、、適当ですのであしからず。

お気づきなこと、ご感想などをお寄せいただけると励みになります。
ビジネスの都合により一時休刊する場合もありますので、ご了解ください。
お邪魔でしたら配信停止しますので、お手数ですがご連絡をください。

著作権は齋藤寛に帰属します。
さ。

 

EMIRPs Today(2018-11-30)#1112-1132 2018年11月配信分

EMIRPs Today(2018-11-30)#1112-1132 2018年11月配信分

EMIRPs Todayに、毎朝おつき合いをいただき、
誠にありがとうございます。

はりはり鍋にした壬生菜は、熱々をふかふかとたくさん食べても、
まだまだ、たっぷりと残っていました。

すでに、7センチほどの長さに切り揃えてあります。
そうだ、漬物にしよう。

軽く塩を振り、しばらく放置してから、一旦、塩を洗い流しました。
水気をよく切ってから、あらためて塩を振っておいて、
昆布と鷹の爪とを一緒に、ジプロックに突っ込んで一晩寝かしました。
昆布から甘味と旨味ととろみがでて、鷹の爪が味を締める、はず。

翌日、口に放り込んで、しゃきしゃき、しゃきしゃき。
思わずにんまり。冬の始まり。

早いもので2018年もあと一ヶ月となりました。
今年も多くの出会いがあったことに感謝する日々。

さ。

■EMIRPs Today 2018年11月配信分
□20181130hs

20181101 1112 灯台記念日
20181102 1113 FOMMが狙う産業の産声

20181105 1114 独立をうかがう、天国隣島
20181106 1115 旅でみる地球の大きさ
20181107 1116 平成最後の立冬に想う
20181108 1117 ねじれ、効果と影響
20181109 1118 外国人就労者は人口の1%

20181112 1119 富津岬の午後
20181113 1120 三兆半の規模感
20181114 1121 脱・商店街モデル
20181115 1122 解禁日、万歳
20181116 1123 消費と数学

20181119 1124 眺望すること
20181120 1125 無双の仕事場
20181121 1126 初霜の季節感
20181122 1127 2019年の菊を夢見て

20181126 1128 ばんぱくはみらいだ
20181127 1129 蘖(ひこばえ)の主張
20181128 1130 かりんのおしくら饅頭
20181129 1131 乗ると高くつく?
20181130 1132 壬生菜で冬支度

エマープの理念■よろこびをつなぐ。

EMIRPs Todayについて
齋藤がエマープ社内で毎朝配信しているマーケティング・コラムです。
社外の方から読みたいとの連絡をいただくことがあり、実験的に流しています。
齋藤が個人的に思うことを書き下ろす、テーマを定めていない随想です。
ティーブレークにでもご笑覧いただけると幸いです。
ほぼ、朝刊ですが、たまに抜けたり、、、適当ですのであしからず。
お気づきなこと、ご感想などをお寄せいただけると励みになります。
ビジネスの都合により一時休刊する場合もありますので、ご了解ください。
お邪魔でしたら配信停止しますので、お手数ですがご連絡をください。

著作権は齋藤寛に帰属します。
さ。

EMIRPs Today(2018-10-31)#1090-1111 2018年10月配信分

EMIRPs Today(2018-10-31)#1090-1111 2018年10月配信分

EMIRPs Todayに、毎朝おつき合いをいただき、
誠にありがとうございます。

先日、霞ヶ浦を回ったときに、蓮根畑と同じくらい目についたのが、
湖岸に並ぶ釣り人でした。

霞ヶ浦を周るサイクリングロードは、多くの箇所で自動車も走ります。
多摩川や荒川のサイクリングロードは、走る人と自転車に乗る人ですが、
霞ヶ浦では、自転車に乗る人と走る人、そして車が共存します。

その車でやってくるのは、釣り人が多いようでした。

長竿を何本も湖面に向けて並べておいて当たりをまつ家康型もいれば、
腰に(たも)を横刺しして湖岸を突きながら獲物を狙う秀吉型、
ボートを担ぎ出し漁場を動いて攻めまくる信長型もちらほら。

大型テントの横で朝食を作っているグループも、1,2キロにひとつは
あったように思います。

何が釣り上げられるのでしょうか。
道の駅には、鯉の甘露煮、鯰(なまず)バーガーが売られていました。

さいとうかん

■EMIRPs Today 2018年10月配信分
20181001 1090 週末の疾風ふたつ
20181002 1091 すってんころりん
20181003 1092 陣取り
20181004 1093 キャラ中華まん
20181005 1094 月曜日休みの表と裏

20181009 1095 縫うように渡る車社会
20181010 1096 量産EVへの挑戦
20181011 1097 輪ゴムは、ありますか?
20181012 1098 都の中央卸売は11市場

20181015 1099 消費税の潮目をどう読むか
20181016 1100 大山古墳はいつ造られたか
20181017 1101 11歳で世界1番
20181018 1102 柿、座布団型が好み
20181019 1103 師と士

20181022 1104 横浜、元町
20181023 1105 ペンが早く乾くと
20181024 1106 aaSの計り方
20181025 1107 満月と陰翳
20181026 1108 糖尿病予測ツール

20181029 1109 霞ヶ浦で蓮根豚
20181030 1110 東京人口集中の百年
20181031 1111 大切にしたいこと


エマープの理念■よろこびをつなぐ。

EMIRPs Todayについて
齋藤がエマープ社内で毎朝配信しているマーケティング・コラムです。
社外の方から読みたいとの連絡をいただくことがあり、実験的に流しています。
齋藤が個人的に思うことを書き下ろす、テーマを定めていない随想です。
ティーブレークにでもご笑覧いただけると幸いです。
ほぼ、朝刊ですが、たまに抜けたり、、、適当ですのであしからず。
お気づきなこと、ご感想などをお寄せいただけると励みになります。
ビジネスの都合により一時休刊する場合もありますので、ご了解ください。
お邪魔でしたら配信停止しますので、お手数ですがご連絡をください。

著作権は齋藤寛に帰属します。
さ。

EMIRPs Today(2018-09-30)#1072-1089 2018年09月配信分

EMIRPs Todayに、毎朝おつき合いをいただき、
誠にありがとうございます。

今朝、起きてみると空が遠くに広がっていました。
天高く馬肥ゆる秋。

自転車でオフィスに向かいました。
半袖も走り出してしまえば、ちょうど心地よい。

七時の目黒通には、前にも、後ろにも、都心に向かうジテツウ族。
柿の木坂、権之助坂と東京の起伏を楽しみながら漕いでいると、
あっという間に白金に着きました。

通勤のドアトウードアーの時間を比較すると、つぎのよう。
自転車 22分(晴れの日)
くるま 30分~40分(※通勤時間帯)
地下鉄 35分~45分(※通勤時間帯)

歩くと2時間の道のりでしょうか。
EVの自動運転だけになると、車も自転車なみに早くなるのか。
21世紀末までには、空も使えるようになるのでしょうか。

交通環境は、まだまだ進化の余地がありそうです。

さいとうかん

■EMIRPs Today 2018年09月配信分

20180903 1072 未来の誕生日
20180904 1073 車検証が変わる
20180905 1074 見慣れない情景に
20180906 1075 エマープの由来
20180907 1076 心がけたいこと

20180910 1077 菜でも実でもいいじゃない
20180911 1078 朝いちばん早いのは♪
20180912 1079 交通量調査は人力なの?
20180913 1080 頼む、頼るボランティア
20180914 1081 旅の組み立て

20180918 1082 ちゃんと着きますから
20180919 1083 あれはうさぎか、宇宙船か
20180920 1084 ふわっと見る
20180921 1085 高齢化の実際

20180925 1086 業務決裁も電子化
20180926 1087 親方の口、一文字
20180927 1088 都のLED電球交換事業
20180928 1089 栗は鮮度が一番


エマープの理念■よろこびをつなぐ。

EMIRPs Todayについて
齋藤がエマープ社内で毎朝配信しているマーケティング・コラムです。
社外の方から読みたいとの連絡をいただくことがあり、実験的に流しています。
齋藤が個人的に思うことを書き下ろす、テーマを定めていない随想です。
ティーブレークにでもご笑覧いただけると幸いです。
ほぼ、朝刊ですが、たまに抜けたり、、、適当ですのであしからず。
お気づきなこと、ご感想などをお寄せいただけると励みになります。
ビジネスの都合により一時休刊する場合もありますので、ご了解ください。
お邪魔でしたら配信停止しますので、お手数ですがご連絡をください。

著作権は齋藤寛に帰属します。
さ。

EMIRPs Today(2018-08-31)#1049-1071 2018年08月配信分

EMIRPs Todayに、毎朝おつき合いをいただき、
誠にありがとうございます。

8月31日が金曜日ですから、すぐに週末。
小学生の頃ならば、夏休みにおまけがついていると喜びそうな暦です。

さて、通勤途上に、黒ガラスで覆われた四角い建物があります。
かなり厳つくて、クールな表情に、前を通るだけで背筋が伸びる様子。

そのガラス前に、秋風とともにすすきが育っていました。
商業店舗の前で幾株も並んでいたので、意図して造られた植栽でしょうか。
風になびくススキの穂が黒ガラスに映り、何倍にも広がっていました。

さいとうかん

■EMIRPs Today 2018年08月配信分

20180801 1049 火星が24秒
20180802 1050 アイスクリーム無料配布
20180803 1051 免許証も西暦表記

20180806 1052 扇風機を片手に通勤
20180807 1053 街中にある冷蔵庫、無料
20180808 1054 今年の秋刀魚来遊は
20180809 1055  夏の記憶、お盆
20180810 1056 働き方か、休み方か

20180813 1057 サマータイム是非の前に
20180814 1058 夕立の匂い
20180815 1059 日比谷で昼から飲む
20180816 1060 平成最後と最初に向けて
20180817 1061 ひまわりを想う

20180820 1062 その先に向かって
20180821 1063 カラスの滑り台
20180822 1064 隠れたお宝を採掘
20180823 1065 カナノウに熱く
20180824 1066 光で切り取る本丸

20180827 1067 パン屋
20180828 1068 カゴから150年で自動運転
20180829 1069 秋刀魚、豊漁
20180830 1070 会釈(えしゃく)
20180831 1071 見えないストロー


エマープの理念■よろこびをつなぐ。

EMIRPs Todayについて
齋藤がエマープ社内で毎朝配信しているマーケティング・コラムです。
社外の方から読みたいとの連絡をいただくことがあり、実験的に流しています。
齋藤が個人的に思うことを書き下ろす、テーマを定めていない随想です。
ティーブレークにでもご笑覧いただけると幸いです。
ほぼ、朝刊ですが、たまに抜けたり、、、適当ですのであしからず。
お気づきなこと、ご感想などをお寄せいただけると励みになります。
ビジネスの都合により一時休刊する場合もありますので、ご了解ください。
お邪魔でしたら配信停止しますので、お手数ですがご連絡をください。

著作権は齋藤寛に帰属します。
さ。

EMIRPs Today(2018-07-31)#1028-1048 2018年07月配信分

EMIRPs Todayに、毎朝おつき合いをいただき、

誠にありがとうございます。

夏がやって来たと思ったら、いつの間にか七月も末になりました。

食欲が落ちることもなく、ましてや熱中症にも、不眠にもならずに
暑い暑いと言っていられるのはありがたいことです。
心がけたのは、水分を摂ることと、陽射しをさけることです。

さて、明日は、二度目の土用の丑の日。
一回目の丑の日、ぬるっと逃した鰻を食べに行こうかとか。

さいとうかん

■EMIRPs Today 2018年07月配信分

20180702 1028 夏、いっぱい
20180703 1029 青いシルエット
20180704 1030 今年は二回
20180705 1031 ツール開催間近
20180706 1032 ポンチョか、自動走行か

20180709 1033 兆しに手を打つ
20180710 1034 人間中心の社会って
20180711 1035 情報流通のストロー効果
20180712 1036 ロードゲームの広報効果
20180713 1037 ヒリリとキーマカレー

20180717 1038 熱い夜は、花火
20180718 1039 思いをこめて手をあげて
20180719 1040 「欧州連合との間の協定」
20180720 1041 頭上の蝉の声

20180723 1042 大暑にアイスコーヒーを一杯
20180724 1043 二年後に映したい夏
20180725 1044 柔い方が強い
20180726 1045 盆の渋滞緩和の奇策
20180727 1046 いつかはクラウン、強し

20180730 1047 八耐と二輪市場の行方
20180731 1048 日陰を持ち歩く

エマープの理念■よろこびをつなぐ。

EMIRPs Todayについて
齋藤がエマープ社内で毎朝配信しているマーケティング・コラムです。
社外の方から読みたいとの連絡をいただくことがあり、実験的に流しています。
齋藤が個人的に思うことを書き下ろす、テーマを定めていない随想です。
ティーブレークにでもご笑覧いただけると幸いです。
ほぼ、朝刊ですが、たまに抜けたり、、、適当ですのであしからず。
お気づきなこと、ご感想などをお寄せいただけると励みになります。
ビジネスの都合により一時休刊する場合もありますので、ご了解ください。
お邪魔でしたら配信停止しますので、お手数ですがご連絡をください。

著作権は齋藤寛に帰属します。
さ。

EMIRPs Today(2018-06-29)#1008-1027 2018年06月配信分

EMIRPs Todayに、毎朝おつき合いをいただき、

誠にありがとうございます。

今年の梅雨は、雨と同時に、真夏を超えるような暑さと強烈な風が目立ちます。
南アジアの国に出かけたときのような気候に感じますね。

四メートル近くの樹高になり、春先に枝葉を全部刈り取ったブラッサイア。
しばらく長い杖のような状態で沈黙していましたが、先日、新芽がでました。

蘖(ひこばえ)。
いつか触れてみたい言葉のひとつです。

さいとうかん

■EMIRPs Today 2018年06月配信分

20180601 1008 情報保護もつなぐ、欧州と日本

20180604 1009 くちなしの匂いはどこから
20180605 1010 どこに泊まるの?
20180606 1011 ブランドの引越し
20180607 1012 外国人と骨太方針
20180608 1013 リュウグウの大きさ感

20180611 1014 しょうぶ、かきつばた
20180612 休み
20180613 1015 花が咲くことを願って
20180614 1016 8年後を睨んで
20180615 1017 したたか

20180618 1018 20回目の挑戦
20180619 1019 ジョブズめ!
20180620 1020 新たなエンタメ立体感
20180621 1021 訪日旅行の取扱い規模
20180622 1022 もうすぐ海開き

20180625 1023 水色を食べると
20180626 1024 新聞を読まない
20180627 1025 視覚化と確からしさ
20180628 1026 異国をつなぐ、異星をつなぐ
20180629 1027 駒を進めるために引く


エマープの理念■よろこびをつなぐ。

EMIRPs Todayについて
齋藤がエマープ社内で毎朝配信しているマーケティング・コラムです。
社外の方から読みたいとの連絡をいただくことがあり、実験的に流しています。
齋藤が個人的に思うことを書き下ろす、テーマを定めていない随想です。
ティーブレークにでもご笑覧いただけると幸いです。
ほぼ、朝刊ですが、たまに抜けたり、、、適当ですのであしからず。
お気づきなこと、ご感想などをお寄せいただけると励みになります。
ビジネスの都合により一時休刊する場合もありますので、ご了解ください。
お邪魔でしたら配信停止しますので、お手数ですがご連絡をください。

著作権は齋藤寛に帰属します。
さ。

EMIRPs Today(2018-05-31)#987-1007 2018年05月配信分

EMIRPs Todayに、毎朝おつき合いをいただき、
誠にありがとうございます。

5月はGWから始まるせいなのか、短く感じますね。
今年も、あっという間に月末を迎えた印象でした。

ダダダッと駆け抜ける中で、たくさんの花を見たように記憶しています。
藤、花水木、紫陽花、薔薇、そして、家の胡蝶蘭が一斉に咲き始めした。
今朝、二つ開花して、合計七輪。蕾の芽を数えてみると、四十粒あまり。

六月も、楽しめそうです。

さいとうかん

■EMIRPs Today 2018年05月配信分

20180501 987 大谷石を堀った跡
20180502 988 衣替え暦とクールビズ

20180507 989 虹色の行進
20180508 990 大統領、四期目
20180509 991 アイスクリームの日
20180510 992 トヨタと紫陽花
20180511 993 母には感謝を束ねて

20180514 994 昼下がりにジオパーク
20180515 995 纏向、種がつなぐ過去と未来
20180516 996 紫外線劇場の幕開け
20180517 997 田園のシンフォニー
20180518 998 細胞は、たからもの

20180521 999 映画を観るとき
20180522 1000 こーんなに ※通算1000話
20180523 1001 七兆円の薬効
20180524 1002 セナ、ふたたび
20180525 1003 社会の歪の信号弾

20180528 1004 パスポート自由度、1位
20180529 1005 紫陽花とIoT機器
20180530 1006 宇宙ISSの民間開放
20180531 1007 映像の記憶を使う


エマープの理念■よろこびをつなぐ。

EMIRPs Todayについて
齋藤がエマープ社内で毎朝配信しているマーケティング・コラムです。
社外の方から読みたいとの連絡をいただくことがあり、実験的に流しています。
齋藤が個人的に思うことを書き下ろす、テーマを定めていない随想です。
ティーブレークにでもご笑覧いただけると幸いです。
ほぼ、朝刊ですが、たまに抜けたり、、、適当ですのであしからず。
お気づきなこと、ご感想などをお寄せいただけると励みになります。
ビジネスの都合により一時休刊する場合もありますので、ご了解ください。
お邪魔でしたら配信停止しますので、お手数ですがご連絡をください。

著作権は齋藤寛に帰属します。
さ。

EMIRPs Today 通算1000話

毎朝書いているEMIRPs Todayが、
今朝のコラムで通算1000話となりました。
毎日、お読みいただき誠にありがとうございます。
心よりお礼を申し上げます。
引き続きご愛顧のほどよろしくお願いします。

朝、机に向かってから、心の赴くままにあれこれと綴っています。
ある主題を書くことによって記憶に刻んだこともあれば、いくつかの視点を書き足ししていくことにより頭の中が整理されることもありました。
何十年も心の隅にごろっと置かれてどう解釈してよいのかあぐねていたことがある朝にするすると言葉になって出て来たりすることもありました。

一話、一話にそれなりに思い入れがあるのですが、千話あったとしても、ぼくの中では全部でひとつのように思うのです。「こーんなに大きい」。

2018年5月22日
さいとうかん

信雅さん、御祝の作品をどうもありがとう。

EMIRPs Today(2018-05-22)#1000 こーんなに

おはようございます、さいとうです。

「こーんなに大きいのが寝てた」、
メイが初めてトトロに会った様子をお父さんとサツキに説明する名台詞です。

「こーんなに」と言いながら両手をいっぱいに広げるメイ。
この場面を観た時に、どこかでこの様子を知っているように思いました。
そう、母が子供の頃のことを語ってくれたそれでした。

戦後に幼少期を過ごした母は、当時、女の子が遊ぶような玩具もろくになく、祖父が経営する事業所から出る金属廃材などで遊んだと語っていました。

ある日、父そう私の祖父に「いちメートルってどれくらい」と尋ねた時のことを、「〇〇が両手をいっぱいに広げたら1メートルだって教えてくれた」と、まだ幼稚園児だったぼくの目の前で、彼女の両手を広げて見せてくれました。

母が両手で造る1メートルはすでに大人の1メートルですが、ぼくの瞼には子供の母が両手を広げているところを祖父が見下ろしている姿が映りました。

いつしか1メートルは竹の物差しでは短いけれど巻き尺なら計れることを覚え、小学校に入ると1メートルには世界基準となる原器があることやそのその千倍が1キロメートル、千分の一が一ミリメートルであることも学びました。

今では、1メートルを光の波長で科学的に定義されるようになりました。メートル原器は肩の荷を下ろして自由に余生を過ごしていることでしょう。でも、ぼくの頭の中にあるメートル原器は「両手いっぱいの長さ」です。

ぼくの原器は千分の一にすることも、千倍にすることもできませんし、ほんとうのところは、1メートル70センチあまりはあるのでしょう。

それでも、多くのことは「こーんなに大きい」で良いように思うのです。

さ。

ノート:地下の宮殿

週末を使って密かにロケハン。
宇都宮近郊にある大谷石の採石場跡へ。

映画やコンサート、ブランド品の新商品発表会や、
新型高級車のリリース等に供される場所。

地表に現れる僅かな岩肌からは、
その圧倒的な地下宮殿は想像もつかない。

EMIRPs Today(2018-04-09)#972 BNKが歌い踊る商談会

EMIRPs Today(2018-04-09)#972 BNKが歌い踊る商談会

おはようございます、さいとうです。

ど、ど、どどど。地響きは一斉に人々が駆けだした音でした。

週末に訪れた、バンコク国際モーターショーでのことです。
展示場の奥にある大規模ブースで、BNK48が歌い始めたのでした。

バンコク国際モーターショーは、トヨタ、ホンダ、日産、SUZUKI、三菱、スバル、いすゞ、ヤマハ、川崎など、日本の車メーカは軒並み出展し、メルセデスやBMW、アウディ、ポルシェ、ジャガーなどの欧州勢も、現代、起亜などのアジア勢も挙って名を連ねる大規模なものです。

ビッグサイトで昨秋開催された東京モーターショーや3月のジュネーブショー、秋口にドイツで開催されるフランクフルトのモーターショーとは趣向が異なり、自動車は展示されるだけでなくその場で販売もされます。そう大商談会です。

わずか二週間ほどの開催期間の中で、人気ブランドになると一万台近くも成約するといいます。タイは新車の販売規模が100万台に満たない市場ですから、一都市の一展示場で半月足らずで一年間の数パーセント近くを成約する商機に、車メーカーが注力しないわけがないのです。

各社の展示ブースの裏には、数十セットはありそうな商談丸卓が並べられ、追い込みの時間帯になろうものなら、週末の繁華街のカフェさながらに、熱心に会話を交わす人々で埋め尽くされて、空席が見当たらあない賑わい。

そんな大商談会が繰り広げられている商談会場の中で、ホンダが大型舞台と天地に届くほどのスクリーンで仕掛けた、BNK48のミニコンサート。

タイが誇る無柱の大規模展示場がまるで音楽フェス会場に様変わりし、若者たちが我先にとホンダブースを目指して駆けだしたのでした。地響きを抑えたのは大歓声、そして日本でも聞きなれたAKBの曲が続きました。

20世紀に世界中の津々浦々に進出を果たした日本車のその販促会場で、日本発のエンタメ・グループが歌い、踊り、会場を一瞬のうちに掌握。

日本の創造が、モノからコトへと動き出している実際でした。

さ。

RANDY ART HILLS 042/ 末松由華利 常ならぬ季節展のお知らせ

RANDY ART HILLS 2018-042
末松由華利 “常ならぬ季節” 展を開催します。

春の訪れは、朝陽が早くあがり気温が高くなるとともに、
草花の芽吹きや虫たちが騒ぎ出す様子からもわかります。

同時に、ひとりひとりの心の中に春の色が現れるように思います。

アーティスト末松由華利の作品を眺めていると、自分の心の中の
スクリーンに投影されている様子が現実のものとして目の前に
出現したように思うから不思議です。

あなたの中の”常ならぬ季節”をどうぞ。

—/RANDY ART HILLS 2018-042
企画:末松由華利 常ならぬ季節展
期間:2018年03月01日 – 2018年04月30日
場所:RANDY(ランディ)
住所:東京都港区六本木1-3-37
電話:03 3568 2888
HP:http://www.cafe-randy.jp/

RANDY ART HILLS 2018-042
末松由華利 常ならぬ季節 展

RANDY ART HILLS
by EMIRPs and C-DEPOT
http://www.c-depot.org/

20150815_rah_260x130

ノート:旅するコスメ

女性経営者が手がけた「旅するコスメ」。
長距離便の機内での乾燥肌対策などをまとめたよう。
アーティスト田中麻記子氏の作品で包まれていました。