ノート:東京の銀杏も色づいて

東京都の銀杏も色づいてきました。
師走の声が届くころが見ごろでしょうか。

東京都のマークは、銀杏の葉のような形をしていますが、
アルファベット「T」を模したもので銀杏ではないそう。
それでも、東京都内の銀杏並木は東京らしいと思うのです。

ノート:世田谷のパン祭り

世田谷公園で開かれていた、パン祭りを覗いてみました。
公園の広場を囲うようにテントが連なり、
人気のお店の前では歩けないほどの混雑でした。
美味しいパンは、どこでも人気ですね。

敷地内の小高い丘に登ってみると、
今かったばかりのパンをベンチで頬張る人たちがいて。
陽気とパンと噴水がお似合いでした。

RANDY ART HILLS 040 / C-DEPOT 展のお知らせ

RANDY ART HILLS 040はC-DEPOTグループ展です。

—/RANDY ART HILLS 2017-040
企画:C-DEPOT 展
期間:2017年9月18日 – 2017年10月31日
場所:RANDY(ランディ)
住所:東京都港区六本木1-3-37
電話:03 3568 2888
HP:http://www.cafe-randy.jp/

RANDY ART HILLS 2017-040
C-DEPOT グループ展

RANDY ART HILLS
by EMIRPs and C-DEPOT
http://www.c-depot.org/

ブラッサイアの窓口変更について

上顧客マネジメント・システムとしてご活用いただいてるブラッサイア。
9月1日より組織改定により、窓口が次の通り変更されます。

新)
エマープ株式会社
データラボ事業部
03-5421-7601

引き続きご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。
エマープ・データラボチーム

ノート:横濱花火を海から楽しむ、花火クルーズ

YOKOHAMA、海外の方にも知名度の高い港町。
その横浜で毎年開催される花火を海から鑑賞する。

豪華クルーザーを一艘、まるまる上顧客の方々に。

2017年も天候に恵まれ、最高の花火でした。
潮風に、ワインと食事、そして、「たまやー」。

お問い合わせは、エマープクラスまで。

RANDY ART HILLS 039 / C-DEPOT Animal展のお知らせ

RANDY ART HILLS 039はC-DEPOTグループ展、”Animal”です。

RANDYの緑あふれるテラスを抜けると店内には動物たちが遊びます。

羊、犬、ペンギンが遊んでいると思ったら、
壁から飛び出すカメロンや像、こっちにヒヒ、あちらには亀。
奥の席には、クマさんが笑っています。

三つ神棚に隠されたステンドグラスの猫は、黄、青、赤。
幸福を招いてくれそうです。

カフェの動物たち、会いに来てください。

—/RANDY ART HILLS 2017-039
企画:C-DEPOT animal展
期間:2017年7月1日 – 2017年8月31日
場所:RANDY(ランディ)
住所:東京都港区六本木1-3-37
電話:03 3568 2888
HP:http://www.cafe-randy.jp/

RANDY ART HILLS 2017-039
C-DEPOT グループ展 “animal”
青山健一 内田有 大塚珠保 金丸悠児 八田大輔

RANDY ART HILLS
by EMIRPs and C-DEPOT
http://www.c-depot.org/

RANDY ART HILLS 038 / 稲田貴志展のお知らせ

RANDY ART HILLS 038は稲田貴志個展、”green”です。

木で創り出される曲面が稲田アートワークの真骨頂。
自然界は大きな曲面や小さな曲面が組み合わさることにより、
平面に見えたり角張って見えたりするというあたりまえのことを
改めて知ることになりました。

“green”では彼が創る木工の枠組みの中に、自然界が飾られます。

それは熱帯の植物の画像であったり、あるいは、
野菜や果実えあったり、はたまた生命を生み出しそうな表情は、
なんと金属加工の切子(きりこ)のようなものも。
素材を先入観から解き放つ、そんな作品群です。

テラスでは、夏に向け勢いを増す桜や薔薇、ジャスミン。
店内も屋外席も、グリーンで一杯です。

—/RANDY ART HILLS 2017-038
企画:稲田貴志展
期間:2017年5月1日 – 2017年6月30日
場所:RANDY(ランディ)
住所:東京都港区六本木1-3-37
電話:03 3568 2888
HP:http://www.cafe-randy.jp/

RANDY ART HILLS 2017-038
稲田貴志展

RANDY ART HILLS
by EMIRPs and C-DEPOT
http://www.c-depot.org/

宇治茶カフェ、認定。

エマープでプロデュースを手掛けた宇治の抹茶専門店、伍町カフェ。
宇治茶を常時提供する店として「宇治茶カフェ」に認定されました。

宇治茶カフェとは。【京都府ホームページより引用】
http://www.pref.kyoto.jp/yamashiro/ocha/1231484569009.html
宇治茶の郷づくり協議会では、宇治茶のPRと、宇治茶を通した「お茶する生活」の普及拡大を図るため、おいしい宇治茶のメニューが揃うとともに、その歴史・文化、淹れ方等の説明ができる喫茶店などを「宇治茶カフェ」として認定しています。