case03:住宅事業マーケティング基盤

EMIRPsCLASS-fab32x32

// 背景と相談 //
住宅関連事業の購入者が相当の蓄積量になり、その購入先である住人の方々に向けての住宅や生活にかかわるサービスを提供することにより、住宅販売における次の商機を確実なものにできるのではないかと考えている。ところが、住宅分野は顧客との商売取引間隔が長く、数年から30年余りにかけてまとまった取引が発生しない場合もある。

EMIRPsCLASS-fab32x32

// エマープの見立て //
■スコープ
自社の販売した住宅を購入された方々=自社の住宅を選択したクラブ性を有すると解釈し、そのロイヤリティの源泉、所在に応じたクラブ・マーケティング・サービスを提供することにより、買替えや改築・改装、大型耐久消費財の購入・売却、相続など、商機を取り込んでいくことができる。
◆フォーカス
・クラブ組織の企画設計および開発
・クラブサービスメニューの企画および開発。
・クラブ・マーケティング基盤の企画設計および運用。

EMIRPsCLASS-fab32x32

// プロジェクト・機能ブロック //

20150821_case-03