case01:高級オーダー品、提案力強化

EMIRPsCLASS-fab32x32

// 背景とご相談 //
一品一品をご注文に応じて製造するオーダー高級品を提供するサービス営んでいるが、規模が急拡大してきており、実績整理に時間がかかるようになってきた。原則、一品物であるがゆえに、これまでの製造実績を振り返る場合に、営業部門、顧客部門、コーディネータにより共通のものを指し示す言葉がなく、実績のある納めた商品を提案に活用したくとも、さっと探し当てるまでに時間を要する場合がある。マーケティング情報を整理して、営業シーンで有効に活用できないか。

EMIRPsCLASS-fab32x32

// エマープの見立て //
■スコープ
オーダー商品をデジカメで撮影した画像を上顧客のビッテレクチャル情報とし、またその画像のベースとなった注文(オーダー)内容を取引のビッテレクチャル情報として捉えることによりクラブ・マーケティング基盤に統合し、オーダー品でありながらその情報に適切なクライテリアから瞬時にアプローチし営業シーンに活かせるようにする。

◆フォーカス
・オーダー商品画像の運用ルール設計。
・ビッテレクチャル情報としての画像及び情報群のクライテリア設計。
・クラブ・マーケティング基盤によるビッテレクチャル情報の活用。

EMIRPsCLASS-fab32x32

// プロジェクト・機能ブロック //

20150821_case-01