クラブ・マーケティング導入

EMIRPsCLASS-fab32x32

“クラブ・マーケティング基軸に即した、一貫したクラブ設計による、マーケティング活動の実現。”

クラブ・マーケティングでは、生活者を趣味・嗜好、行動様式などに応じてくくりだすことにより、消費生活シーンに適したマーケティング方針を定め、通年あるいは複数年にわたるマーケティング計画を策定の上、その方針に基づき実行していきます。
マーケティング方針では、お客様との関係のあり方(メンバーシップの枠組みや顧客対応方針ルールなど)や、電話、メール、WEB、ニュースレターなどを通じた顧客コミュニケーションのあり方から、各種のお客様・会員様向けツール類の意匠、トーン&マナー、またキャンペーンやプロモーションなどのあり方等を定めます。
マーケティング計画は、マーケティング方針に基づき首尾一貫したマーケティング活動を暦月に落とし込み、継続的なマーケティング活動の円滑な推進を試みます。

趣味嗜好や行動様式が近しい生活者の場合、個々人の考えに適した無駄のないサービスを設計、開発、提供することにより、ブランドロイヤリティを高める効果は絶大で、利用促進や会員サービスの継続に反映されます。

20150814_CM-Step

EMIRPsCLASS-fab32x32

“クラブ/上顧客組織の規模感”

クラブ・マーケティングが適した商品・サービス分野としては、次のようなものがあります。
クラブマーケティング戦略は、ラグジュアリー商材や高額商品サービスの場合、数百人規模からの導入が可能であり、ブランド品や専門商品サービスの場合、数千人規模から、また日常商品の場合数万人から300万人程度の規模に適します。
EMIRPsCLASS-fab32x32

“クラブ導入までの期間例”

クラブマーケティング導入までの期間は、その規模やサービス数、現状の顧客情報管理状況により短期ですに導入できるケースから、時間をかけて準備を進めるケースとがあります。
通常、一部のサービスのみを導入する場合、3週間程度の導入期間で開始でき、クラブ企画、制度設計、サービス開発などをフルパッケージでも実施する場合でも、約12ヶ月の期間にて実現できます。

20150801_CM-Apply