EMIRPs Today(2022-12-22)#2110 デジタルスキル標準

おはようございます、さいとうです。

冬至。
スマホで探ると朝6時48分が、どんぴしゃの時刻だそう。
東京は、冷たい雨で始まりました。

「学び直し」や「リスキリング」について目にしない日がない。デジタル化が進む中、暮らしが便利になると同時に、働く現場でもその恩恵も効果も影響もうけており、人材に求められるスキルが大きく変ってきています。

昨日、経済産業省は、「デジタルスキル標準」をとりまとめて発表しました。これは、「DX推進人材向けのデジタルスキル標準を整備する」(デジタル田園都市国家構想基本方針)とされたDX推進に関する一連の流れです。

「デジタルスキル標準」は、リテラシー面とスキル面の両者から捉えられており、各々はつぎのように位置付けられています。

(1)DXリテラシー標準(2022年3月29日公表済)
全てのビジネスパーソンが身につけるべき能力・スキルの標準
(2)DX推進スキル標準(2022年12月21日公表)
DXを推進する人材の役割や習得すべきスキルの標準
出所)経済産業省、「デジタルスキル標準」をとりまとめまた。

今回発表されたのは、後者の「DX推進スキル標準」。人材の役割や知識、スキルについて、つぎの5つの人材類型が定義されており、「データやデジタル技術を活用した製品・サービスや業務などの変革」を行うとあります。

・ビジネスアーキテクト
・データサイエンティスト
・デザイナー
・ソフトウエアエンジニア
・サイバーセキュリティ

片仮名の名称が多いのは致し方ないでしょうし、むしろその方が自然体で素直なように思います。なにしろ、子供の成りたい職業の上位にユーチューバーが並ぶ時代ですから。

ビジネスパーソンのDXスキル習得や整備、活用が進むことを願うと同時に、子供たちから、「ビジネスアーキテクト」や「データサイエンティスト」が憧れの職業に挙げられるように、噛み下して、魅力を語りたいものです。

さ。

※雑感
知識や技術ではなく、スキルという点が大切なように思います。要は、知識や技術を活かしながら繰返し実現できて初めてスキルと呼べると思うのです。スキルとは何か、機会をみて触れてみたいと思います。

※経済産業省ホームページ
「デジタルスキル標準」をとりまとめました!/2022年12月21日
https://www.meti.go.jp/press/2022/12/20221221002/20221221002.html