EMIRPs Today(2022-07-29)#1994-2013 2022年07月配信分

EMIRPs Todayに毎朝おつき合いをいただき、誠にありがとうございます。

暑中見舞い申し上げます。

暑い中で自転車に乗るときには、水分管理が大切です。

フレームに付ける水筒は、飲み口を咥えて胴のあたりをぎゅっと握ると水が出る仕組み。こまめに一口二口と補給します。その頻度もさることながら、量が半端じゃないのです。どれくらいの量を飲むのか、みてみましょう。

先般、カレーを食べに辻堂に行った際には、自宅から世田谷通経由で、百合ヶ丘から柿生、橋本に抜け、そこから宮ケ瀬湖まで登り、伊勢原、茅ヶ崎、辻堂へと回りました。距離にして約90キロを5時間くらい。

宮ケ瀬は標高が300メートルほどあるので都心よりは少々涼しいのですが、その他の場所は郊外と言えどもアスファルトの道が焼けています。熱中症を警戒して、適当にコンビニや日陰で休みをとりながら走りました。

さて、水の量を書き出してみます。

自転車に積んでいる750ml入る水筒で3本分、途中休憩にてコンビニのアイスコーヒーのMサイズを2杯、カレー屋の店主がビールのジョッキに注いでくれた水を2杯、その他にウイダーを2つでした。5時間で約5リットル。復路はさらに飲みました。

それでも、お腹がちゃぷちゃぷとすることも、頻繁に用を足すこともなく、するすると入ってしまうのだから驚きです。飲んだそばから身体に吸収され汗になって吹き出していくのがわかります。同時に塩分も放出されるので塩飴も追いかけて口に入れます。

なによりも、渇きを我慢して身体が干上がってから水を一気に飲むのではなく、水分はこまめに摂ることが肝心なようです。

暑い日々が続きますが、ご自愛くださいませ。

さ。

2022.07.01 1994 夏が開き、ツールが走る

2022.07.04 1995 桃の季節
2022.07.05 1996 トマソン
2022.07.06 1997 ビューーン
2022.07.07 1998 シチセキ
2022.07.08 1999 デジタルの確からしさ

2022.07.11 2000 メキシカンもモダンに
2022.07.11 号外 お礼:2000話

2022.07.12 2001 「ぶううん」の服
2022.07.13 2002 トクホな牛丼
2022.07.14 2003 物価上昇、日米比較
2022.07.15 2004 ガシシッ、スワァ

2022.07.19 2005 今日はエチオピア
2022.07.20 2006 夏休み、だ
2022.07.21 2007 DX無用の「桃」商魂
2022.07.22 2008 ユーミンのデュエット

2022.07.25 2009 情熱の旨辛さ
2022.07.26 2010 年金は仕送り、年金は保険
2022.07.27 2011 スイカ
2022.07.28 2012 夏休み、父娘の朝練
2022.07.29 2013 東京の牧場アイス