EMIRPs Today(2022-04-18)#1946 ハナミズキの坂道

おはようございます、さいとうです。

白金台から清正公へと続く坂の両脇に、ハナミズキが満開になりました。

この目黒通の東端にある坂は、日吉坂(ひよしざか)と言います。桜田通から目黒通に入ると、ホテルを左手に見ながらいきなり爪先があがる坂です。

関東で括った地図で眺めると東京は平野の真ん中に描かれることが多いので、平坦な地形を想起しがちですが、都内で車を走らせたり、歩いてみると意外と坂が多いことがわかります。中でも東京都港区は坂が多い町です。

港区によると、区内に坂は100以上あるといい、名前の付けられた坂だけでも89坂もあるそうです。実際、近所を歩いてみると、坂道の近く坂名が書かれた標識をよく見かけます。白金高輪の駅の近くだけでも、名光坂、魚籃坂、伊皿子坂、三光坂、天神坂、桑原坂そして日吉坂とぞろぞろと坂が見つかります。

坂の名称は、地形や景観にちなんだ長い坂の永坂、富士山を見る新富士見坂、海を望んだ潮見坂、一里塚の木があったと言われる榎坂や、そこ住んでいた人や建物に由来すものもあります。

アスファルトで土を覆いつくした道路、スタイリッシュで見上げる建物たちでお化粧された現代の街は美しいものだと思いますが、その下に隠された地形や歴史は忘れがち。

そんな時に坂の名前を追いかけていくだけでも、その土地の古の様子がわかってきて面白いものです。

さ。

※雑感
日吉坂は、能役者日吉喜兵衛が近くに住んでいたといわれると同時に、ひよせ、ひとせ、ひとみなどと書く説もあると言います。朝のひととき、日吉坂のハナミズキには朝陽が斜めに射します。白い花びら、薄緑の新葉を透かして輝き、道の両脇をライトアップします。坂道は平地とは異なる光の加減で、街に表情作ってくれるので好きです。
最近、港区の坂は、乃木坂46、欅坂46、日向坂46の聖地と呼ばれる坂もあり、坂に注目が集まるなら悪くはないと思うのです。

※港区ホームページ
「89」/統計から見る港区 Vol.10
https://www.city.minato.tokyo.jp/kouhou/kuse/koho/toukei/toukei10.html
「坂図鑑」/キッズスクエア/まちなみ探索
https://www.city.minato.tokyo.jp/kyouikucenter/kodomo/kids/machinami/saka/index.html