EMIRPs Today(2022-04-04)#1936 海軍道路の桜並木

おはようございます、さいとうです。

今日は、西暦で読んだら、2と4の数字の行進で楽しそう。
さらに、和暦で読んだら、令和4年4月4日。とっても、偶数な日です。

同じものが並ぶ様子は、人を魅了する要素の一つなのでしょうね。何も数字や文字ばかりではなく、山が連なっていても波が順々と続いていてもそうです。今なら、満開を迎えた桜並木にも、繰り返し並ぶ心地よさを感じます。

横浜の瀬谷にある桜並木を見に行ってきました。

瀬谷の駅から真っすぐに北に向かって「海軍道路」と呼ばれるなんとも物々しい名前の道が通っています。このあたりは、1940年(昭和15年)に日本海軍の「横須賀海軍資材集結所」が建設され、後に米軍が接収し「上瀬谷通信施設」となりました。大きな敷地が広っぱのようになっており、その真ん中を南北に、約3キロの道が通っています。

この道路の両脇に、桜が植えられているのです。まるで欅並木のような背の高い大きな桜が真っすぐに延々と続くのです。現在は横浜市に管理されているこの道路は拡張などの検討され、桜が伐採されるかもしれないと耳にしました。

以前、横浜に住んでいたころに、何度も観に行った桜並木がなくなるかもしれないと知るとなんとも寂しい。桜花の並木は年に一回に限られるので、少しせっかちかもしれないとは思いつつ見納めにと出かけたのでした。

国道246号を西に向かい、青葉台を経由して十日市場の小さな丘をいくつか抜けると、いきなり空が広がりました。大きく左にまがると、桜並木が見えてきました。桜のトンネルを潜ろうと上りも下りも車が連なっていました。

少し傾いだ午後の太陽が、桜花を透かして浮かび上がらせていました。

さ。

※雑感
淡々と並ぶ様子は、ずっと未来へ向かって続くようで安心感に通じるのだと思うのです。整った様子や繰り返す状態に、知らず知らずのうちに先を読んでいるのかもしれません。混沌とした状況は、一旦、似たものを並べてみると整理がつく。

※横浜市ホームページ
(瀬谷区)海軍道路の概要について
https://www.city.yokohama.lg.jp/faq/kukyoku/seya/seya-kusei/20211101162424356.html
海軍道路の桜並木の検討状況について/最終更新日 2022年3月29日
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/machizukuri-kankyo/toshiseibi/jokyo/sonota/kamiseya/default20210315.html