EMIRPs Today(2022-01-12)#1881 乗用車のてっぺん取るには

おはようございます、さいとうです。

昨年2021年に一番売れた乗用車はトヨタのヤリス、21万2927台でした。二番もトヨタでルーミー、三番はカローラで、またまたトヨタ、ああT強し。

自動車の市場全体では、バスや貨物を除いた乗用に供する中には、軽自動車や輸入車もありますので、理解を深めるために国産の乗用車、軽乗用車、輸入乗用車のそれぞれについて、もう少し詳しく見てみましょう。

まずは、国産の5や3ナンバーに分類される小型乗用車と普通乗用車の市場。1位から4位までをトヨタ社が占め、上位4車種で55万台あまりでした。

1位 212,927台 トヨタ/ヤリス
2位 134,801台 トヨタ/ルーミー
3位 110,865台 トヨタ/カローラ
4位 _95,049台 トヨタ/アルファード
5位 _90,177台 日産/ノート
出所)日本自動車販売協会連合会、登録車車種別販売台数2021年1-12月

次に軽自動車の乗用車について、通称名でのランキングです。ホンダN-BOXが頭ひとつ抜きんでて1位、以下、スズキ、ダイハツと続いていました。

1位 188,940台 ホンダ/N-BOX
2位 128,881台 スズキ/スペーシア
3位 116,912台 ダイハツ/タント
4位 _95,840台 ダイハツ/ムーブ
5位 _84,748台 日産/ルークス
出所)全国軽自動車協会連合会、通称名別販売台数2021年1-12月

では、最後に輸入乗用車。こちらはメーカーブランド別での集計になります。一番売れたのは、メルセデスベンツで唯一の5万台数越え。二位のBMWは、BMW MINIブランドと合算すると5万4116台となり、メルセデスベンツよりも約2500台多くなります。

1位 51,678台 メルセデスベンツ
2位 35,905台 BMW
3位 35,213台 フォルクスワーゲン
4位 22,535台 アウディ
5位 18,211台 BMW MINI
出所)日本自動車輸入組合、輸入車新車登録台数2021年1-12月

国産乗用車1位となったトヨタのヤリスの「年間21万台」は、輸入車の1位から5位までの合算16万台よりも多いことがわかりますし、軽自動車を除く、国産のメーカー別の販売台数と比較しても、4位のマツダ、5位のスズキを凌駕して、一車種ブランドながら2位のホンダや3位の日産に届きそうなのです。

1位 1,412,738台 トヨタ
2位 _268,186台 ホンダ
3位 _230,419台 日産
4位 _123,393台 マツダ
5位 __97,616台 スズキ
出所)日本自動車販売協会連合会、登録車メーカー別販売台数2021年1-12月

トヨタのひとり横綱の状態が長らく続く自動車業界の様子がよくわかります。電気自動車への転換が進むと、番付表に新たな四股名が登場するのだろうか。

さ。

※雑感
さて、自動車業界は電気自動車EVなどへの転換対応が急がれますが、価格低減にむけての製造コストの削減には、量産による規模の経済効果が大きい分野であることは、誰もが知るところでしょう。EVメーカーは販売台数の拡大に躍起になっています。参考までに、テスラ社の2021年の年間販売台数は、93万6172台でした。

※日本自動車販売協会連合会

HOME

※全国軽自動車協会連合会
https://www.zenkeijikyo.or.jp/

※日本自動車輸入組合

Home