EMIRPs Today(2021-09-15)#1806 ブロードウエイ幕が上がる

おはようございます、さいとうです。

ニューヨークでは、9月14日からブロードウエイの劇場公演が再開されます。現地時間の14日夜の公演ですから、そろそろ幕があがる頃でしょう。

2020年3月から見合わせていたので、一年半ぶりに幕が上がるわけです。再開される公演は、日本でも人気の「ライオンキング」をはじめ「シカゴ」、「ハミルトン」、「ウイキッド」、「ラッカワナブルース」などです。

さて、舞台公演ですから数日前に決めて突然再開という訳にはいきません。

この9月14日をターゲットとした再開は、夏前にはすでに発表されていました。キャストや技術スタッフ、制作の方々が公演に向けての練習や準備を進められてきたのは想像に難くありません。また、同時にチケット販売や入場に関するルールなども整備されてきました。

ブロードウエイの公演再開にともない、マンハッタンのど真ん中、タイムズスクエアにあるTDSのTKTSチケット売場では14日午後3時から販売が再開され、ブロードウエイ劇場オーナーやプロデューサーで構成される団体、ブロードウエイリーグでは、この再開に先駆けて、ブロードウエイにある41の会場すべてで、観客にはワクチン接種とマスク着用が必要であると発表していました、

ミュージカル、演劇などの公演のみならず、コンサートやオペラ、音楽フェスなどは、観劇、観賞する鑑賞者の心を整えてくれるような効能をもつように思っています。心の中で消化しきれない歪な出来事や硬直により固まってしまった違和感をカタカタカタと落としていき、心の重心を正すようなイメージ。

観劇や鑑賞のスタイルが変わったり、制限があったりしたとしても、大切にしたい社会活動の一つだと思うのです。

さ。

※雑感
映画でも、ようやく公開が決まったものがあります。007 NO TIME TO DIE。何度かの公開延期を経て、いよいよ公開となります。英国では9月30日、米国では10月8日、日本では10月1日に公開予定です。ジェームスボンドも、これほど長く潜んだことはないでしょうね。