EMIRPs Today(2021-08-06)#1779 夏の野菜と果物

おはようございます、さいとうです。

スタバの前の植栽に、百日紅(さるすべり)が赤く咲き始めました。夏の青空に良く似合う花。ところが暦の上では明日はもう「立秋」です。

この時期、スーパーの店頭には、夏の野菜が溢れています。朝穫りの枝豆、苦瓜は白と緑が仲良く並び、とうもろこしは穂先髭がつやつや新鮮さを誇る。となりには、冬瓜と南瓜がごろんごろんと並んでいました。

葉物(はもの)よりも実物(みもの)の種類が増え、見ているだけで楽しい。

トマトは大きい小さいの種類だけでなく、長丸や楕円、黄色いものもあり、胡瓜は値段とともに農園主の名前が記載されており、作り手によって大きさや色、形がさまざまだとわかる。長茄子、米茄子、水茄子も揃います。

野菜に負けず劣らず賑やかなのは果物、棚いっぱいに溢れていました。ぶどうや桃、梨は、品種だけでなく産地違いも選べるし、西瓜やメロン、いちじく、輸入物ではパイナップル、キウイ、りんご、バナナまで、わんさか。

農水省によると野菜や果実の生産量は、米の生産量を越える規模があります。「野菜」「果実」に「いも類」「豆類」を加えると、畜産に匹敵する規模がとなるほど。野菜好きにとっては、嬉しい限りです。

農業総産出額の内訳(8兆8,938億円)
畜産・・・・3兆2,107億円(36%)
野菜 ・・・・2兆1,515億円(24%)
米・・・・・ 1兆7,426億円(20%)
果実・・・・・・8,399億円(9%)
花き・・・・・・3,264億円(4%)
いも類・・・・・1,992億円(2%)
豆類・・・・・・・758億円(1%)
その他・・・・・3,477億円(4%)
出所)農林水産省、生産農業所統計、令和元年

さて、今週末は月曜日に休日が並ぶので、再び連休ですね。
遠出、外出は控えて、夏野菜、旬の果物を楽しんでみようかと思います。

さ。

※雑感
昨日は、西日本が暑かったよう。大阪市38.9度、豊中市38.8度、京都市38.8度、広島県福山市38.5度、関東では、山梨県勝沼市が38.8度を記録していました。今週は暑い日が続いていたので、身体を優しく癒してくれそうな野菜や果実を探ってみようと思います。よい、週末を。

※農林水産省
野菜の生育状況及び価格見通し(令和3年8月)について/令和3年7月30日
https://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/yasai_zyukyu/attach/pdf/index-115.pdf
果樹をめぐる情勢/令和3年7月
https://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/fruits/attach/pdf/index-159.pdf