EMIRPs Today(2021-05-20)#1725 ふたたび、ぐんぐん


おはようございます、さいとうです。

連休に入って、まず植え替えをしたのはオーガスタでした。根切りして土を新しく。二週間ほどで馴染んだようです、ふたたび、ぐんぐん。

ロビーやホールに鉢植え観葉植物として見かけることの多いオーガスタの木。大きな葉は、長さ60センチ幅30センチを超えてきます。みぎへひだりへとゆったりと葉を掲げる姿は、大らかでゆったりした印象を演出してくれます。

今回、植え変えたのは3年ほど前に株分けした子株です。親株は鉢を順に大きく替えていたら高さ4メートルに3、4枚の巨大葉をもつ豪快な姿になりました。そこで子株は、丈を1.5メートル程にして葉を7、8枚に仕立ててる企みです。

鉢を小さく留めておけば背丈は抑えられるそう。ところが、これまでの鉢は、根が増えすぎて、窮屈になってきているようで、方形角鉢の筈が、だんだんと細長い菱形に歪んできたのでした。根切り作戦が必要でした。

オーガスタは根っこの成長が桁違いに強力です。鉢の水抜き用の小さな底穴をみつけては外に目掛けて伸び、鉢を斜めに持ち上げるほどです。子株を鉢から取り出してみると、太い根っこは直径が2センチを超えていました。

さてと、放置していた髭を落とすときのように、容赦なくバサバサと根を切りました。生命力の強い種だからと三分の1くらいの量まで減らし整えました。過ぎたかなと心配をしていたのですが、ここにきて成長が加速を始めました。

意欲をもつ若人も、抑圧された状態では窮屈になるばかりです。同じ器や環境であったとしても、成長を促す術はあるのだ。ああ、自然に学ぶことばかり。

さ。