EMIRPs Today(2020-09-23)#1566 今年は秋に啓蟄


おはようございます、さいとうです。

肌寒いほどの朝の空気、身体が軽く感じるようになりました。週末の連休に、少しずつ秋を狩りに動いてみました。

芸術の秋。
青山で開催されていた芸術家集団C-DEPOTの展示を見に行きました。世の中の動きにビビッドに波長を絡めることができるアーティストは、この時代に何を創るのだろか。溜めた確信が溢れんばかりの作品の数々。

行楽の秋。
連休の最終日、夜明けとともに青空が広がっていました。よし、朝活ポタリングだ。横浜から鎌倉街道を南下して鶴岡八幡宮へ。そのまま、逗子、葉山から横須賀に山越え、16号線を北上してお昼には帰り着きました。いい汗。

文化の秋。
お彼岸でした。京都への墓参りはもう少し落ち着いてからにすることを母に連絡をいれました。まあ、それでええわ、いつものように簡単な返事。そうだ。自由が丘に行って、おはぎを買ってきて食べました。

スポーツの秋。
3週間にわたって繰り広げられたツール・ド・フランス、20日にパリ凱旋門にてゴールしました。9月に開催、無観客のゴールという異例の運営。優勝したのは弱冠21歳のスロベニアの若者でした。新星の誕生に湧きました。

食欲の秋。
不定期に開催している尾山台グルメの会。年初から流れていたので、ひさしぶりに集まりました。ビストロの奥にある離れた席をとってもらいました。世代も異なる男女3人、ただ「食いしん坊」がつなぐ会。ほっこり。

連休に全国の観光地が賑わったと報じられました。
2020年に限っていうと、秋に啓蟄がやってきたよう。

さ。

※雑感
少しずつ動いてみたものの、まだまだ気を遣います。
マスクや手洗いはもちろん、できる限り独りで動くように心掛けています。

びっくりするのは報道で見聞きする以上に、街に人が溢れていたこと。自由が丘はまっすぐ歩くと肩があたるほどの人がみられ、九品仏の新しいパン屋さんは店頭では立ち切れず、道路を挟んで20人くらいが並んでいました。鎌倉で朝ごはんでも食べようかと思ったのですが、評判の店の前には違わずびっしりと順番待ちの列ができていましたし、葉山のパン屋は満車でした。帰りに通り抜けた横浜では、大通りの花壇の枠に観光客が肩を寄せて座っていました。

もう、嵐は過ぎ去ったかのよう。
秋に啓蟄。再び土に潜ることのないように気を使いたいものです。