EMIRPs Today(2020-06-30)#1489-1510 2020年06月配信分


EMIRPs Todayに毎朝おつき合いをいただき、誠にありがとうございます。

今朝、胡蝶蘭の最後の蕾が開きました。四月頭から咲き始めて、丸三か月を費やして満開に、2020年は57輪を数えました。

ステイホームという言葉が、もうどこか遠いことのように感じます。

マスクを着けて、人と間隔を空けて、黙って整列する。

街ではそんな情景が日常になりつつあり、それ自体が窮屈を感じるだけでなく、同時に経済的荒波は、仕事面も、暮し面も、生活者個々人に襲いかかってきて、経験したことのないストレスには、表現する言葉や方法を探すのにも一苦労します。

ただ、時間ばかりが過ぎていき、ステイホームも遠く感じるのかもしれません。

6月末は、夏越の大祓。
この時期、数日間だけ、神社に藁を束ねた茅の輪が設えられています。会社の地元にある神社に脚を運びました。

半年間の穢れを祓い、無病息災を祈るという大祓。
今年は自分目線でなく、世界中が良くなるようにと、祈りました。

さ。

2020.06.01 1489 宇宙の旅へ
2020.06.02 1490 足元劇場
2020.06.03 1491 押しピンって何
2020.06.04 1492 レジ袋の値ごろ感
2020.06.05 1493 湘南の海を想う

2020.06.08 1494 ぼちぼち日曜日
2020.06.09 1495 生保も弁当レンチン加減
2020.06.10 1496 きっかけ
2020.06.11 1497 傘の内
2020.06.12 1498 香香はもう3歳

2020.06.15 1499 アジサイの工夫
2020.06.16 1500 夏みかんの皮
2020.06.17 1501 クマと共棲
2020.06.18 1502 おにぎり
2020.06.19 1503 県境越えを新型車両で

2020.06.22 1504 羊飼いと狼
2020.06.23 1505 仮想は速さが勝負
2020.06.24 1506 家電に見る暮らしっぷり
2020.06.25 1507 Take Fiveを聴く
2020.06.26 1508 旅は眺めるために

2020.06.29 1509 椎茸と昆布
2020.06.30 1510 バナナの誘惑