EMIRPs Today(2020-04-13)#1458 詳しくなりたい


おはようございます、さいとうです。

プランターから、今年も羊歯(しだ)が芽をもたげてきました、テラスの緑。同じようにくるくるっと巻いているのに、よく観ると3つの種類がありました。

少し先の方の植栽に真っ赤な花が咲いているのが見えました。近づいてみると皐月(さつき)のよう。いやまだ四月の半ばだから、つつじなのかなあ。さつきとつつじの違いは、正直、よくわかりません。ほぼ、一緒に見える。

詳しくなると見分けることができるようになる。数を重ねると詳しくなるのかと言えばそうでもないのが面白いところ。経験を重ねるだけで済むではない。違いや特徴を意識することが、詳しくなる勘所でしょうか。

先日、インターネットラジオを物色していた時に、クラシックを多様な切り口で縛って流しているそこそこの音質の局にたどり着きました。バッハやベートーヴェンなど作曲家縛りもあれば、室内楽ばかり、バロックばかりなど様々。

なかに、チェンバロ専門部がありました。古典的な打弦特有の軽やかな音により構成される旋律は、BGMとして流すには心地よい。しばらくは、チェンバロ祭り。チェンバロとハープシコードは同じ楽器のことだと思っていたのですが実は別物なのですね。音だけで違いがわかるよに詳しくなりたいものです。

さて、羊歯の周りを埋めていた草たちを抜き取ってあげました。
暑い夏の日にも、緑の涼を運んでくれるのが楽しみです。

さ。

※雑感
野草や山菜に詳しい人は羊歯の種類を見分けたり、る新芽をみて瞬時にワラビだ、ゼンマイだと知ることができるのでしょうし、さつきとつつじも、庭木や盆栽を手がけていれば、簡単にわかるのでしょうね。好きこそものの上手なれと言いますが、自宅にいる時間の多い今だからこそ、漫然と過ごすのではなく、意識して「詳しくなる」のも良いかもしれません。