EMIRPs Today(2020-01-08)#1394 よく耳を傾ける

おはようございます、さいとうです。

ああ、こんなにいい音を聞かせてくれるんだ。
しばらく、書斎机の飾りになってしまっていたスピーカーを再稼働させたのです。

ちょこんと置いてあるのは、高さが30センチにも満たない小型スピーカーです。いわゆる、ブックシェルフ型の中でも小さい類のもの。もう10年近くも前に、お気に入りのシルエットのそれを手に入れることができました。

本格的にオーディオを楽しんでいる向きからすると箸にも棒にもかからないであろう中等品ですが、PCで動画を観たり、調べ物をしたりするときにネットラジオを流して聞く分には十分だと思い、年代物アンプとつないでありました。

ところが、心地よい音が出ないままに、もう何年もブックエンドになってしまっていました。そこで休みに点検してみたのでした。どうやら具合が悪いのはアンプの方だとわかり、入れ替えてあげました。

音を流すとこれまで何年も眠っていたことが嘘のように朗々と響きました。そうなるともう少し手を入れてあげたくなります。ケーブルの電線部分を剥き直し、接続プラグの汚れを清掃して、台座もしっかりと調整してあげました。

よし、これで良いだろう。ふたたび、音楽を聴いてみます。amazon primeの映画を観ました。拾えていなかった喧噪が聞こえました。ダイアナ・クラールを聴いてみました。ふわっと息がかかりそうでした。ラフマニノフの2番ではどうだ。辻井ピアノの鍵盤がとても楽しそう。

はっとしました。

対話やコミュニケーションでは良く聴くこと、いわゆる傾聴は大切です。聴く受け側のことに関心が集まりがちですが、本当は傾聴では、小さな声やほのかな機微も表す発信側の環境を整えることも大切なのだと感じました。

さ。