EMIRPs Today(2019-12-27)#1372-1391 2019年12月配信分

EMIRPs Todayに毎朝おつき合いをいただき、誠にありがとうございます。

年初の配信が1151号でしたから、今年は240本を書いたことになります。感想を寄せていただいたり、異なる目線を教えてもらったり、みなさまの声が励みになります。改めてお礼を申し上げます。

旧知の方にお会いした際にこそこそとする話があります。実は、55歳になった今年、ぼくの人生の中で一番に体調が良いのです。

数年前にアレルギーが治まってきて、運動を、と言っても自転車ばかりなのですが、再開したことは度々触れてきました。アレルギー以外にも、身体のまわりに関してさまざまなことが変わってきたようです。

頭痛に悩まされることは十分の一いや二十分の一程度まで少なくなり、突然、目が腫れたり、肌が真っ赤にかゆくなったり、手足が浮腫むようなことも激減しました。夜中に脚がつることも、食事のあとに胃腸が悲鳴をあげることも、ほとんどなくなりました。

常備薬やティッシュを持たずに出かけられるのは、快挙です。

もちろん、筋力や心肺力は年々減退しているのでしょうし、目も耳も年相応に草臥れてきて老眼鏡のお世話にもなっています。

ただ、体調が良いのです。
健康という二文字では括り切れない、拡がりを感じるのです。

体調のことを気にして二の足を踏んできたことも、身体の具合に引きずられて思考が極端に鈍ってしまいあきらめていたことなども、ああ今ならば取り組むことが出来るなと思うのです。

何の因果か、この歳になって貰えたギフトを大切にしたい。
来年はあれをしてみよう、これをしてみようと楽しみです。

素敵な新年をお迎えください。

さ。

20191202 1372 ながらスマホ
20191203 1373 銀杏の黄葉が続くように
20191204 1374 うやむやにもやもや
20191205 1375 柿を突く、個人情報を突く
20191206 1376 黒か、赤か

20191209 1377 カリン酒
20191210 1378 学校の服で教わるもの
20191211 1379 子供世代の偏より
20191212 1380 イチニイチニで円滑に
20191213 1381 洋楽も私らしく

20191216 1382 生活の価値観
20191217 1383 常識の空模様
20191218 1384 言わなくても中央駅
20191219 1385 聖火リレーが気になる
20191220 1386 デジタル・ニューディール

20191223 1387 IRはどんな文化を生むのか
20191224 1388 デーツの実生
20191225 1389 浄水器もきれいに
20191226 1390 年二回目の部分日食
20191227 1391 同じならば歩いてみる