EMIRPs Today(2021-02-01)#1653 蝋梅の誘惑


おはようございます、さいとうです。

山門に向かって歩いていくと、優しい香りがふわり漂ってきました。蝋梅が満開だと知り、見に行って来ました。

1月末から2月上旬のこの一番寒いころに楽しめる花が蝋梅(ろうばい)です。最近では公園や遊歩道に植栽を施されていたりするので、小さな黄花が一斉に咲き始める様子を見かける機会も増えているかもしれません。

週末に訪れたのは、新横浜の近く、新羽(にっぱ)という場所にある西方寺、茅葺の本堂の隣に大きな蝋梅があることで知られます。以前から気になっていたのですが、満開になる週に、晴れ渡った冬の日と自分の週末予定が重なることがなく、ようやく訪れることができました。

100メートルほどの参道の先は、三十段ほどの階段になっていました。一段、一段と上がるたびに、蝋梅特有の甘い香りが強くなってきました。冬晴れの陽気に温められて、ことさら匂いが立っているのでしょう。

山門をくぐると、山奥にある古寺のような様子の本堂が迎えてくれました。左脇には、ジャングルジムをいくつか重ねたくらいはありそうな蝋梅の大木が枝の先々にまで黄色い花を携えていました。

桜のように踊りたくなる華やかさでももなく、梅のように赤と白で春を告げる可憐な容姿でもなく、ただ静かに黄色い花で甘い香りを漂わせていました。

歳を重ねてはじめて蝋梅に惹かれるものなのでしょうか。訪れる人も限られていました。マスク姿の年配のご婦人たちが、両手でスマホを額の上に持ち上げていました。

日光を透かす半透明の黄色い花びら、すっぽりと包み込まれるような甘い香り、現実か、作り物か、夢の中にいるようでした。

さ。

※雑感
蝋梅にはいくつかの種類があり西方寺に植えられているのは満月蝋梅だそう。他には素心蝋梅や和蝋梅などの種類もあり、生け花にもよく使われますね。ぷっくりとまあるい満月蝋梅は、もっとも飾り物のような姿をしており、大木にたわわに咲いた様子は非日常でした。



EMIRPs Today(2020-11-17)#1604 鴨川の冬鳥

おはようございます、さいとうです。

鴨川を散策していると、浅瀬には鳥たちがたわむれていました。冬の鴨川は渡り鳥が美しいですが、近年、鳥が増えたように思います。

京阪電車がまだ出町柳まで延伸する前は、三条駅がターミナルでした。東福寺よりも北側の七条あたりから三条駅までは鴨川に沿って地上を往来。窓際の日向に座り、ユリカモメが戯れる様子を眺めるのが好きでした。

ユリカモメはロシアのカムチャッカ半島からやってくる渡り鳥です。晩秋から冬の間を鴨川で過ごすのですが、約3000キロを飛んで京都の鴨川に降り立つのですから、GPSナビに劣らぬ精度の高い羅針盤を備えているのでしょう。

京都市のホームページには、冬場にみられる鳥の種類が紹介されています。先の渡り鳥ユリカモメやよく見かけるマガモの他にも、コガモやヒドリガモ、オナガガモ、ヨシガモ、ハシビロガモ等のカモ類やハマシギ等が飛来するそう。

鴨川の鳥が増えたのは地元の方々、上流の方々が水辺の環境を整えてこられたことの成果なのでしょう。マガモやコガモに交じり、白鷺がいたり、なぜか、カラスが群れて水浴びをしていたり。ああ、古都の晩秋、昼下がり。

用事を済ませ、その日のうちに帰るため京都駅に向かいました。土産物屋も改札周辺も、ロビーやホームも観光客であふれんばかりでした。

Go Toが観光移動の環境整備に役立ったことは間違いないのでしょう。のぞみ号は、京都を楽しんだ渡り鳥で満席でした。

さ。

※雑感
京阪電車本線の東福寺から三条駅まで地下に移行したのが1987年でした。その後、三条駅と出町柳駅を結ぶ鴨東線(おうとうせん)が開業したのが、1989年10月、平成が始まった年でした。
京阪電車が地下になったことは、鳥たちには良い方向に働いたのだろうか。もしも今も地上を走っていたら七条から出町柳までずっと鴨川を眺められる。いろんな種類の渡り鳥が見られると楽しいだろうなあ。